教育環境のコンピュータ利用案内 トップ 窓口 サイトマップ FAQ
 トップ > お知らせ > クラウドストレージBoxの大学院生、卒研生利用開始について
2016年 9月15日
東京理科大学大学院生、卒研生各位
情報システム課(神楽坂)

クラウドストレージBoxの大学院生、卒研生利用開始について

2016年度後期(2016年9月下旬)に東京理科大学大学院生および卒研生にクラウドストレージBoxの利用の開始を予定をしております。 専任教職員は、2015年4月よりBoxの利用を開始し研究や業務で活用されておりますが、大学院生および卒研生が利用を開始すると研究室の教員と大学院生、卒研生間での 情報共有、教材配布や提出、資料の共同編集等を便利でかつ安全に行うことができるようになり ます。

学校法人東京理科大学のBoxを利用する全ての ユーザは、データの保管や共有設定を安全に行う 責任があります。 秘密情報及び制限情報の取り扱 いには十分に注意し『Box利用ポリシー』、 『Box安全利用ガイド』や法律、 固有の制約、組織の制約に準じてご利用ください。 秘密情報や個人情報のデータをBoxへ保存、共有する場合は、『データ分類』を確認し適切な設定を行ってください。 アカウントとパスワードを厳重に管理してください。

利用開始日: 2016年09月26日(月曜日)
利用対象者: 東京理科大学大学院(博士)

東京理科大学大学院(修士)

東京理科大学大学院(専門職学位)

卒研配属がなされている東京理科大学学部生
利用期間: 在学期間中

※出学(卒業)すると、Boxのアカウントとデータは削除されます。データの復旧は行うことができませんのでご了承ください。このため、研究室の共有データ等に関しては、 学生ではなく教員が最上位フォルダを作成し、それを共有フォルダとして利用することをお勧めします。研究室の共有データ等に関しては、教員の指示に 従ってください。

最新の情報や利用開始については、『TUS+Box』 ページからご確認ください。

以上

BACK
© 情報システム課